事故後に症状が残っていて困っている方へ(交通事故後のリハビリ通院)

むち打ち

「むち打ち症」の怖いところは、後々になって体に不調が現れるところです。

その場では何の問題もないように見えても、早くて2~3日、長いと2週間後くらいになって体に異常が現れるということがあり、自身がむち打ち症になっているということに気が付けないこともあるんです。

こうした「むち打ち症」になってしまう事例としては、自動車同士の追突などの交通事故があげられます。

他に労働災害、スポーツ障害などによってもむち打ち症を引き起こす場合があり、誰にでもむち打ち症になってしまう可能性が潜んでいるんです。

  • もしかして「むち打ち症」かも?
  • もし体にこんな不調が現れたら、むち打ち症を疑いましょう。
  • 頭痛
  • 耳鳴り・めまい
  • 手足のしびれ
  • 首や肩の痛み・違和感・肩こり
  • 吐き気

むちうち症とは?

頸椎捻挫型

このタイプは頸椎周辺の筋肉や人体にダメージを 受けていることが多く、
レントゲンには写らないため発見が遅れることがあります。
首や肩の可動に制限が掛かり、首をのばすとつい痛みが走るのが特徴です。

根症状型

根症状型は、強い圧力がかかることで頚椎の並びに歪みが生じ、周囲の神経が圧迫されてしまっているタイプのむち打ち症です。
手足のしびれやだるさ、後頭部や顔面痛があり、咳やくしゃみの際にひときわ強く痛むことがあります。

バレ・リュウ-症状型

こちらは、頚椎に沿って走る椎骨動脈の血流が低下してしまうことで頭痛やめまい、耳鳴りや吐き気といった症状が起こります。
別名を「後部交感神経症候群」と言います。

脊髄症状症

このタイプは下肢に繋がっている神経が傷つくことでしびれや知覚異常が起き、歩行障害が現れます。
歩行の他に、膀胱、直腸にも障害が出る場合もあり、むち打ち症だと気が付きやすいタイプでしょう。
頚椎の脊柱管を通っている脊髄が損傷することで引き起こります。

脳髄液減少症

上記の4タイプとは少々別なのですが、何かの衝撃が加わることで髄液が漏れてしまうことで「脳脊髄液減少症」という症状が現れます。
これは初期症状は軽い頭痛ですが、気圧や天候によって症状が変化し、重い不調が続く場合もあります。

患者様の喜びの声

門真市

28歳 Y.Iさん 女性

門真市 28歳 Y.Iさん 女性

いつもお世話になっています。事故後、体の事はもちろん、保険の相談にものっていただき、分からないことも教えていただき、本当に助かりました。もともと腰も悪かったのですが、事故後痛めた首のケアもていねいにしていただいているので、早く回復できるんじゃないかと思っています。
院長先生はもちろん、スタッフのみなさんいつも笑顔で、体の事を気遣ってくださり、通うのも楽しくさせてもらっています。
ここに出会えて良かったです。ありがとうございます。

規定に従い、一部表現を変更しています。
「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

お問い合わせはこちら