事故後に症状が残っていて困っている方へ(交通事故後のリハビリ通院)

めまい

交通事故で腰を痛める

むち打ちのイメージとして多くの人が持っているのは「首の痛み」です。

ですがむち打ち症は首の痛みだけではなく、もっとたくさんの症状が含まれています。

たとえばめまいや耳鳴り、頭痛や慢性的な肩こり、背中の痛みもむち打ちの症状にあたります。

一過性の物であればさほど心配はいらないですが、長期にわたって症状が続く場合には注意が必要です。

軽い症状だからと放っておけば、知らぬうちに症状が悪化して手足の不自由を感じたり、場合によっては精神的な障害にまで発展することもあります。

最悪の場合一生ベッドの上で生活することになってしまうかもしれません。

慢性的なしびれや痛み、体の違和感を感じたら、すぐに医療機関で詳しい診察を受けることをおススメします。

こんなお悩みありませんか?

当院では患者様の症状にああった治療法を提案しています

薬で得られるのは一時的な安息だけ根本的には何も変わらない!

問診

むち打ち症に多くみられるのは首の痛みですが、人によっては痛みが出るのが数週間後になることもあります。

もし一般的なイメージ通り、患者様の訴えが「首の痛み」ならばすぐにむち打ち症では?と思い当たるかもしれません。

ですがむち打ちの症状は首の痛みだけではなく、吐き気やめまい、頭痛や肩こりということも多いです。

こういった症状の場合、数週間後に現れたとして、思い当たる原因がわからない場合も多く、医療機関で受診しても痛み止めやシップの処方のみで、根本的にむち打ち症の改善にはならない場合もあります。

特にむち打ち症はレントゲン等でも異常を発見しにくいため、患者様本人の強い訴えがないと「むち打ち症」として適切な処置を受けられないこともしばしばあります。

適切な治療を受けなければ、むち打ち症は悪化の一途をたどってしまうでしょう。

当院では患者様の自己治癒力を最大限に高め、早期回復に努める方針のもと治療を行っております。

リハビリ指導や適度な運動法などの指南も行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

早めの受診をおススメします

お問い合わせはこちら