事故後に症状が残っていて困っている方へ(交通事故後のリハビリ通院)

手足のしびれ

脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症は、レントゲンや検査では発見しづらい症状で、現代医療ではまだまだ認識が低いため、鬱病や自律神経失調症のような精神障害と混同されがちです。

また、一般的にも余り知られていない症状なので、下手をすると「さぼっている」「病気のふりをしている」と周りから思わぬ誤解を招くことがあります。

脳脊髄液が漏れると、髄液圧が低下し、脳や脊髄から伸びる神経に悪影響を及ぼし、上記のような症状が現れます。

ひどい場合には、普段の生活や学業・就労生活にも支障をきたし、学校や職場を休まざるを得ない状況に陥ります。

まつもと鍼灸整骨院では、患者様の声にしっかりと耳を傾け、「鬱病」や「自律神経失調症」などと混同されやすい症状との違いをじっくり見極めます!

一般的にはまだ認知度の低い症状ですが、まつもと鍼灸整骨院では、この脳脊髄液減少症の治療に対し、多くの実績と知識があります。

上記のような症状が思い当たる方は、当院まで是非ご相談下さい。

脳脊髄減少症とは?

脳脊髄液減少症とは、「脳脊髄液」という脳の中にある透明の液がクッションのような役割を担い、交通事故やスポーツ等の外からの強い衝撃から脳や脊髄を守ります。

しかし、あまりにも強い衝撃を受けた場合は、この脳脊髄液から漏れてしまい、頭痛など様々な症状を起こす要因になります。

交通事故で腰を痛める

手足シビレ

脳脊髄液減少症とされる症状が現れた場合、早期の段階ではまず安静にし、水分を補給することが大切です。

それでも症状が改善しない場合は、「ブラッドパッチ」という治療法があります。

これは、患者様ご自身の血液を採血し、液漏れを起こしている穴にその血液を注入し、髄液の漏れを固める効果があります。

専門の医療機関と提携しています

脳脊髄液減少症の疑いがあれば、専門の医療機関と提携し、患者様をサポートする体制が整っています。

もちろん、患者様の希望が常に最優先ですので、いつでも最良の選択をとっていただくことができます。

お問い合わせはこちら