事故後に症状が残っていて困っている方へ(交通事故後のリハビリ通院)

手足のしびれ

交通事故で腰を痛める

手足シビレ

事故で受けた衝撃の大きさに比例して、手足のしびれも強くなる傾向にあります。

これは、追突などによる外から加わった力が強いほど、神経への圧迫も強くなるからです。

つまり手足のしびれというのはとてもわかりやすい体のSOSでもあるのですが、何分傷ついているのが体の繊細な部分であるため、レントゲンやMRIでは発見しにくいという難点があるのです。

この発見しにくい、というのがなかなか今の医療現場ではネックになっていて、西洋医学ではレントゲンやMRIの結果に頼った治療をする傾向があるのですが、異常が発見できないと、どれだけ不調を訴えていても何の処置も施してくれないということも多々あります。

いくらしびれなどを訴えても、検査による異常が発見できないため、異常を異常と認めてくれないのです。

ですがこういった「手足のしびれ」は、前述した通り体のSOSです。

放っておくと痺れが進行し、痺れているという感覚自体が麻痺してしまったり、痛みを感じにくくなったため「治った」と勘違いしてしまうこともあります。

しかしながらこれはただ症状が進行しただけで、感覚障害や運動障害という悪化状態へと移行したにすぎません。

つまり「手足のしびれ」は、早めに対処しなければ大きな障害となって後遺症になってしまうんです。

手足のしびれだいじょうぶですか?

手足のしびれ 治療の流れ

人によって痛みやしびれの症状の進み具合は違ってきます。

また、そこからの回復スピードも、年齢や性別、体質などによって個人差が出てきます。

ちなみに多くの場合、運動不足の方や不規則な生活を送っている方は治りが遅いという傾向がありますね。

当院では、患者様の症状や筋肉の状態などに合わせてしっかりと診察し、一人ひとりに合ったアプローチを施していきます。

圧迫の度合いや健康状態について詳しく調べながらの治療になりますので、疑問や不安に思っていることなどあれば、すぐにご相談くださいね。

早めの受診をおススメします

お問い合わせはこちら